脱毛中の保湿ケア


脱毛中に保湿ケアを徹底することで、脱毛効果がグッと上がります

脱毛サロン時代も、乾燥が進んだ肌質と、潤った肌質では、

1度の効果に差が出るため、脱毛完了期間も大幅に違いました。

潤った肌はなぜ効果が高い?

照射熱がうるおった肌は毛根に一直線に届きます

しかし乾燥した肌状態だと、照射熱がキレイに毛根に届かず、

広範囲に散らばり効果が下がってしまうことに。

〈乾燥による肌トラブル〉

毛嚢炎になる
埋没毛になる
・乾燥により肌がひび割れる
・乾燥すると脱毛の施術中に痛みを感じやすい

乾燥した肌にメリットはありません。

長くキレイな肌を保つためにも、保湿をこころがけましょう!

 

☆保湿ケアのステップ☆

1.体を清潔にしましょう

まずはじめに、お風呂や洗顔で体を清潔に保つことからスタート

外気に触れた体は、雑菌や皮脂が溜まっています。

キレイに洗い流すことで、次のステップが肌浸透しやすく◎

2.化粧水やローションで保湿する

お風呂あがりすぐに、化粧水やローションで体の保湿をしましょう

洗顔やお風呂上がりの直後は、どんどん水分が外に出ていってしまっています。

5分以内には保湿をするように心がけて◎

3.保湿クリームやボディクリームを塗る

最後に保湿クリームやボディクリームを塗ることで、水分が逃げないようにお肌をカバーできます

以外に、クリーム系を使わずにローションだけで終わってしまうという声も

よく耳にしたサロン時代ですが、最後に肌にカバーをすることで乾燥して肌がかゆいなんてこともなくなります(*^_^*)

面倒臭いのも、はじめだけ。

一度習慣になれば、意外にやらないと気持ち悪いということに。

肌保湿ケアを習慣化しましょう!